会社概要

会社情報

名 称 Excelwoods株式会社(エクセルウッズ株式会社) Excelwoods Inc.
役 員 代表取締役:髙木 俊之
取締役:Anthony Joseph Romani
本部所在地 〒560-0011
大阪府豊中市上野西3丁目16-55 アラセイビル3F
TEL:06-6850-7640
FAX:06-6850-7653
設立 2001年
事業内容 ・英会話教室および学習塾の運営
・幼稚園、保育園、学習塾、一般企業での英会話業務委託
・他の英会話スクールへの外国人講業務委託及び、外国人・日本人講師の研修請負
・英会話用オリジナル教材の制作販売

会社沿革

2001年 5月1日 学習塾 明倫館髙木塾・英会話教室 サンシャインキッズ創業
2002年 英会話他社へ外国人講師派遣、研修請負業務開始
2007年 1月9日 Excelwoods株式会社に改組
2007年 豊中本部校フロア拡張
2008年 曽根駅前校開校
2010年 阿倍野校移転
2012年 イオンタウン緑丘校開校
2013年8月 豊中本部フロア再拡張
2014年3月 イオン南千里校開校
2015年8月 イオンタウン緑丘校リニューアルオープン

ご挨拶

『日本語もできていないのに英語なんて早過ぎる!』
と、よく聞くことがあります。

『日本語よりも英語を優先して勉強するべきだ』という偏った考えに対する警鐘として、ということならば私も賛成です。しかし、幼少期に英語学習をスタートすることが間違っているという意見ならば、それには反対です。

『日本語では経済のことを話せないが、英語だとペラペラ話せる』というようなことは日本にずっと住む日本人には起こりえません。どの国の人でも特殊な環境にいる人を除き母国語のレベルを外国語が上回ることはない。つまり、私たち日本人は、英語のレベルを上げるために日本語力を磨く努力をし続けなければいけません。

このような『知識・論理』の話であれば、外国語(英語)より母国語(日本語)が先でしょう。
しかし、私たちが幼少期からの英語指導に取り組んでいるのは別の理由からです。

いちばん大きな理由は、
『人の一生の中で、幼少期は音声の認識能力が最も優れている』
ということです。
聞きとる能力が最も高い幼少期に、正しい英語の発音を聞く機会を持つことはとても重要で、聞く能力が高まれば、それにつれて正しく発音することもできるようになり、表現や文法もそこから修正できるようになるからです。

日本語に無い『 r 』や『 th 』も正しい音を知らずに、ちゃんと聞きとったり発声したりすることは無理なのです。

私自身の話で言えば、小学生の頃に外国の音楽、映画に興味を持って、サッカー留学を夢見ていたので、中学の英語の授業がとても楽しみで自然と成績も良くなりました。
しかし、テストにさほど必要がなかったリスニング力を鍛えることをしなかったため、大学時代にアメリカ留学してからとても苦労をしました。
早くからリスニングをしっかりしていれば、どれだけの時間と労力を節約できたかと思うととても損をした気分になります。

私たちの英語教室サンシャインキッズでは、子どもたちの成長の発達段階に応じて効率的に力を上げてもらい、英語の必要性が今以上に高まる将来に向け総合的な英語力を身につけてもらえるカリキュラムを作ろうとスタッフみんなが日々努力しています。

英語を学ぶことそのものが目的になるのではなく、子ども達が将来、『学んだ英語を使って』ビジネス、学術、スポーツ、国際交流・・・と様々な分野(世界)に羽ばたき活躍するための一助となれればと思っています。

代表取締役 高木俊之

アクセスMAP

06-6850-7640
お問い合わせ・資料請求
無料体験