pre Kidsコースの目標は、できるだけたくさんの英語に『触れる』ことであり、英語を『話す』ことではありません。
この時期のお子さまに対しては、英語を「さぁ、話しなさい」と発声するように強制したり、子どもが発声することを過度に期待したりすることは避けた方がいいでしょう。
親の側は、『せっかくレッスンを受けるのだから』という意識が強くありますが、子どもの方からすると、『習う・学ぶ』というよりも、日本語でお母さんやお父さんと話すのと同じように、好きだから、楽しいからそこにいるにすぎません。
『大好きなお母さんもすることだから自分にも必要なんだ』と思える環境が大切です。そのため、保護者の方にも積極的にレッスンでのアクティビティー全てに参加していただきます。
英語の独特の音やリズムを楽しみながら、英語のシャワーをたくさん浴びて英語に慣れ親しむことで、英語学習の効率を上げ、興味をより深くしていきます。