このコースでは、上手に会話するために基本の文法パターンに親しむためのいろんな工夫をこらしています。2年間学習すると50種類以上の質問を作ることができるようになります。
会話の基本は、『尋ねられたことにきちんと答える』ことなので、質問ができることは会話の幅を大きく広げていきます。
子どもたちの自然なスピーキング力を養うと同時に、文法の知識をより深めてもらうことで、このコースを修了すると中学1年生レベルの文法はほとんど経験することになります。論理的思考力が向上していく時期なので、文法の知識が英語学習の理解をよりスムーズにしていきます。
日本語を学ぶ際にもしているよう『読む、書く』ことも宿題でしてもらいます。

また、『外国語のレベルが母国語のレベルを超えることはない』ので、日本語でしっかりと考える力も大切にします。